一元絣(ひともとかすり)

 

枡屋儀兵衛の本場大島紬には一元絣という絣を用いた大島紬があります。

一元(「ひともと」 と読みます)とは

一元=2本一組を表しています。

「一元」という言葉、製造現場では様々な使われ方をするのですが、
大島紬の用語ですので一般的には馴染みのない言葉です。

 

さて、その中で枡屋儀兵衛では下の画像のような絣を「一元絣」と読んでいます。

DSC_0229_450

経緯二本ずつの絣糸(白い部分の入った糸)が重なりあって一つの絣(手裏剣のような形)を作っているのがわかると思います。

二本ずつで一つの絣を作る。だから一元絣。

ちなみにこの画像、原寸だと横幅約5~6mmになります。

 

 


2015年08月06日 | Posted in 枡屋儀兵衛 photo, 用語解説 | タグ: Comments Closed 

関連記事