新着記事

男と着物 - 回想録 -

97 子供が生まれて変化した私の着物観

投稿者:ウエダテツヤ 繁華街から市内の端の方へ引っ越したことで街からもらっていた刺激を失った私。環境が変わり徒歩の楽しさが激減したことは以前触れたが(94 ただ街を歩く事が案外楽しかった)その引っ越しをさらに大きく上回る環境変化が子...
季節の彩り、日本の色を愉しむ

翠色(すいしょく)/弁柄色(べんがらいろ)

寄稿者:橋本繁美 翠色(すいしょく) 冬の鳥カワセミは、美しく輝く渓流の宝石と呼ばれ、その羽色は緑青や紫がかった青色まで幅広い。漢字で翡翠と書き、雄を翡、雌を翠という。カワセミの名の由来は青土(そに)で、川に棲むセミが...
京を歩く

寄稿105 時代とともに様変わり / 京を歩く

寄稿者:橋本繁美 ふり返れば、四条通には少し前まではジュンク堂書店があった。神戸三宮や大阪堂島の本屋さんが京都に来たのは30年ほど前だっただろうか。かなりの品揃えで、本好きには嬉しいビルだった。そして、もう少し西に行ったところにもブ...
季節の彩り、日本の色を愉しむ

鬱金色(うこんいろ)/蜜柑色(みかんいろ)

寄稿者:橋本繁美 鬱金色(うこんいろ) 鬱金は、薬用とか、食用の沢庵漬けやカレー粉の着色にも用いられている。鬱金色は熱帯アジア産のショウガ科の鬱金の根によって染められた赤みを帯びた黄色。鬱金が日本に伝わったのは奈良時代...
タイトルとURLをコピーしました