着物の「片身替わり」仕立て

着物ならではのお仕立て方、「片身替わり仕立て」。字の通り、体の左右で生地や色などを変えて仕立てるデザインパターンを言います。通常は二種類の反物を使いますが、裏表どちらも使えて表情の違うGritterでは一反でできるのも魅力の一つ。

私もお仕立てをしました。

正面から見ると上前の分量が多くなりますね。うしろから見ると真半分になるように衿の真ん中であえて生地を切り替えました。(本来は衿は1色になります。)

そして民芸調になりがちな印象もGritterならモダンシックに。

裏面(設定上)のグレー地の方がきらきらとした質感です。こちらが表でもすてき。

表地だけでお仕立てすると印象が異なりますね!(色違い)

左右半分以外にも、袖・身ごろ(下前)・身ごろ(上前)・袖で交互に変える追い掛けなどと呼ばれるお仕立てもあります。もちろん、片袖だけ裏面にすることもかのうですし、下前だけ裏面というのも。

お誂えならではの楽しみですね。お気軽にご相談くださいませ。※一部のGritterでは裏面使用が不向きなものがございます。

Gritter商品一覧ページはこちらより

Gritter サイズオーダー

2017年11月09日 | Posted in Topics, News, Kimono Factory nono Topics, Kimono Factory nono 製品情報 | タグ: , Comments Closed 

関連記事