襦袢Tシャツ・半袖と7分袖それぞれのメリットデメリット

Kimono Factory nono 商品商品についての様々

着物と寸法を合わせる必要がなく気軽に着用できるTシャツ襦袢。ここではKimono Factory nonoのTシャツ襦袢について7分袖と半袖、それぞれのメリットなどをご紹介します。

半袖

商品開発の背景

「もっと簡単に着たい」という発想で、夏場の浴衣や綿の着物をイメージして半袖のTシャツ襦袢から開発を始めました(男女とも)。Tシャツに着物を羽織って完成!という気軽さが魅力です。

半袖のメリット

腕が着物一枚になるので涼しく、「もたつき」がありません。防寒の為に下に長袖肌着などを着ても袖がありませんのでまとわりつく心配もありません。また価格も7分袖よりお安くなっています。

半袖のデメリット

着物と腕が直に接する為、汗が着物につくことがあります。正絹など家庭洗濯が気軽にできない着物の場合は気を付けなければなりません。また袖口からは腕がそのまま見えますし、透けやすい着物の場合、腕のシルエットがうつる場合があります。

綿や透け感の少ない麻、ポリエステルなどが良いと思います。

7分袖

商品開発の背景

汗問題が気になって長袖開発に乗り出しました。初めに男物の7分袖を作りましたが、腕を上げると結局Tシャツの袖が見えてしまうので再検討し現在のフレア袖の開発に至っています。

7分袖のメリット

汗問題はだいぶ軽減されます。ある程度のところまでTシャツ生地がありますので、大島紬など正絹でもご着用頂けます。(ただし襦袢の様にぴっしりと寸法があっていませんので袖口付近は肌に直接触れることになります)

手首近くまで袖があることで袖口からも袖がちらりと見える(腕の長さにもよる)ので「半袖よりもちゃんと着ている安心感がある」(スタッフOさん談)ようです。当社の7分袖はフレア型の袖ですので袖口から出にくくなっています。

透け感のある着物についての懸念も半袖よりは軽減されます。

7分袖のデメリット

涼しさでは半袖に劣ります(男物は厚めの速乾性生地を使用しています)。7分袖に慣れていない方の場合、袖の着心地が中途半端に感じる方もいらっしゃるようです。袖の煩わしさではやはり半袖に軍配がありそうです。

まとめ

袖のスッキリさ、気軽に着ている感では半袖。

正絹など汗問題の軽減やしっかり安心感には七分袖ではないかと思います。

あくまで私たちの私見ですが、ご参考まで。

女物(前開き・Tシャツ襦袢)はこちら
https://www.kimono-factory.com/cat/1510

男物(襦袢Tシャツ)はこちら
https://www.kimono-factory.com/cat/7070010

タイトルとURLをコピーしました