男と着物33 用もなく出掛けてみる

投稿者:ウエダテツヤ

​着物を着たらとりあえず出掛けてみた。

2011年5月。当時着物事業に携わって10年。これまでは「初詣」「何かの集まり」「催し物」など着物を着るときには理由があった​。​​何の用事もなくただ着物を着て出掛けたのは初めてだったと思う。

一人では時間を持て余すかと思い、業界の友人を連れて行くことにした。どこに行こうかと思ったが、何となく嵐山な気がして行ってみた。​「​とりあえず大島やろな​」​と​いうことで​お気に入りの大島を着て出掛けたのだけれど、当時はまだレンタル着物なども盛んではなく、着物姿も非常に少なかったように記憶している。

渡月橋付近で遭遇した幼児達。一人が「あ!着物の人や」と声を上げ「ほんまや」と何人かが続いた。お子様慣れしていなかった私だったけれど「着物好き?」と声をかけてみると「うん!」と元気な返事が帰ってきた。

まさか小さい子に声を掛けられるとは思ってもいなかったので驚いたけれど、​洋服でぶらぶらしていても決して起こらなかったこの出来事はよくわからないけれどとても嬉しかったし、幸せな気分になった。

自分が勝手に着て、誰かが喜んでくれることがある。それは私にはとても新鮮な感覚だったし、「着物っていいな」と感じた最大の理由かもしれない。レンタルの影響もあって当時よりもだいぶ着物姿が増え、見知らぬ人に声を掛けられることも少なくなったけれど、それでもコミュニケーションのきっかけになることはある。

特に事業者の方はやってみてはいかがかと思う。まあ、十中八九なにも起こらないとは思うけれど、気付くことはあるかもしれない。存分に着物姿を見せびらかして「私も着たいな」と思ってもらえればこれ幸い。

ちなみに当時記念に取った写真が一枚あるけれど全然楽しそうではなかった(笑)

2021年08月02日 | Posted in 男と着物 - 回想録 - | | Comments Closed 

関連記事