39 着物でプールと遊園地

投稿者:ウエダテツヤ

着物を着ると決めてからしばらくしたころ、長島スパーランドに行くことにした。遊園地に着物で行くというのが初めてで、プール→遊園地→花火(たまたまやっていた)というルートをどう攻略したらよいものか、そもそも着物で遊園地って大丈夫かなぁと思いながらのちょっとしたチャレンジだった。ミッションとしては荷物を少くすることと、快適に過ごすことだったので、水着の上から浴衣を着て、替えの下着をもっていく、ということにした。そうすれば襦袢も不要で、プール後の着替えも楽だろうという考えだった。ちなみに和で言えば、褌が可のプールがあるのか、数はどれぐらいなのかなど私は知らないが、気になる方はご自身でプールに問い合わせてもらいたい。

さてプールで印象的だったのは、脱ぐ時よりも上がって着替える時。何人かの人が「え?あの人、今から着物着るの?」というような視線でちらちらこちらを見ているのがわかった。着物を着ている途中の人に出くわすことは滅多にないだろうし、プールからの着物っていうのが珍しかったのかもしれないけれど、考えてみれば「温泉上がって浴衣を着る」というのと大差ないはず。状況が変わるだけで印象が違うようで面白かったので、着替えてからも更衣室を少しうろうろしてみた。

心配もさることながらアトラクションは普通に乗れた(当時)。けれど体勢によっては着物がめくれるので気を付けた方がいい。試していないが立って乗るバージョンの絶叫系などは違う意味で絶叫系になる可能性もある。跨(またが)る系も基本はNGだろうし、袖も注意が必要だ。乗れたのはよかったけれど、小さいころ得意だった絶叫系は若干しんどくなって、バイキング(海賊船が振り子のようになるタイプのやつ)は気持ち悪くなった。お金を払って酔う不条理さを感じつつもなかなか記憶に残る経験になった。

私的にはアトラクションに積極的参加をするのであれば、わざわざ着物で行かなくてもいいなというのが正直な感想だった。ちなみに何年後かにUSJに行った時は着物だったけれどアトラクションには乗らなかった(体調不良で乗れなかったのだけれど)。

アドバイス的なことをいうなら、着物に慣れないことを後ろめたく思う必要はないし、行ったことないところにもチャレンジ精神で行ってみると結構楽しい。その積み重ねが着物慣れに繋がっていく。遊園地に着物で行くことは今後あまりないとは思うけれど、行ったということを経験できたのは良かった。

当時の写真。
2021年09月21日 | Posted in 男と着物 - 回想録 - | | Comments Closed 

関連記事