奄美の海に魅せられて

寄稿者:橋本繁美

16日の五山送り火で、京都の夏は終わった。とはいえ、まだまだ残暑は厳しい。久しぶりに大好きな奄美大島の話をしよう。

はじめて奄美へ連れて行ってもらったのは、いまから20数年まえ。目的は大島紬の工程を見せてもらい記録するためだった。大阪伊丹空港まで車に乗せてもらって、奄美空港まで直行便の飛行機でひとっ飛び。列車の旅もいいが、空港に着くだけでなんだかうれしくなるのも不思議だ。別に海外に行くわけではないのに、飛行機に乗れるというだけでソワソワする。そんな経験をもたれた方も多いのでは。

奄美空港に近づくと、窓から奄美の海が見える。島を取り巻く黒潮の海、小さな白波が歓迎しているように、まぶしく映る。飛行機から降りて出口に進む。笑顔で手を振る男性が目の前に、この方こそ、いろいろとお世話になった龍郷町・前田工芸の前田豊成さんだ。いつも奄美空港につけば、前田さんの処に寄るのが習慣だった。仕事場のそばで、冷たい飲み物とおいしいお菓子をいただきながらリラックス。昼も夜も、いろんなところに連れていただきました。感謝、感謝。サンゴ礁の浜辺の美しさに感激し、照りつける陽の強さで肌に痛みを覚えたあの日。すべて豊かな自然と一体になれる歓びが満ち溢れていた。

京都に戻ってからある日、上田真三さんからダイビングの資格を取りに行かないかとお誘いをいただいた。多少の泳ぎはできても、潜ることって…。不安がはしるなか、好奇心旺盛の私と大嶋博規さんは即、行く行くの返事。後日、国道1号線沿いにあるダイビングショップに行って、体を測ってウエットスーツを作る。上田さんは黒ベースに白、私は黒ベースに青、大嶋さんは黄緑に黄色を指定した。シュノーケリング、マスク(私は度付き)、フィン、水中用シューズ、ナイフ等を買い求めた。まだ、試験も受けていないのに気がはやい。いやいや、とにかく準備が肝心、何よりも格好がだいじと考える男たち。未体験のものに憧れるのはなぜなのか。いくつになっても心は半ズボン。胸が、血が、騒ぐのか。かつての少年魂が蘇るのか。こうして、京都から奄美の海を潜る準備を整えていった三人組。そして実技と試験を受けるために奄美大島へと飛んだ。(つづく)

名前が間違っている搭乗券
何故か名前が間違っている搭乗券
2021年08月19日 | Posted in 奄美探訪記と大島紬, 寄稿記事-ことばの遊園地-橋本繁美 | | Comments Closed 

関連記事