旧暦のある暮らし 新暦4月20日頃

 寄稿者:橋本繁美

穀雨(こくう)

穀雨は字のごとく、春の雨はたくさんの穀物を潤す恵みの雨。それだけにこの時期には、穀物を育む雨を「瑞雨(ずいう)」、草木をうるおす雨を「甘雨(かんう)」と呼ぶ。また、春の長雨のことを「春霖(しゅんりん)」。菜の花が咲く頃に降る雨は「菜種梅雨(なたねつゆ)」。長く降りすぎて、うつぎの花が腐ってしまうほどという「卯の花腐し」など、さまざまな雨の名がある。百穀を潤す百の雨。この季節の終わりには、夏のはじまりを告げる八十八夜が訪れる。

関連記事