二十四節気 霜降(そうこう) 新暦10月24日頃

旧暦のある暮らし寄稿記事-ことばの遊園地-

 寄稿者:橋本繁美

日々、深まっていく秋、朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、かすかな冬の到来を予感させる。さらに日が短くなっていくように感じるのは私だけではないはず。初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃で、山々は紅葉に染まる。あざやか秋化粧。そのせいか、切ない気持ちになったり、寂しさに襲われたり、情緒的な思いにふけるのにふさわしい季節。

タイトルとURLをコピーしました