雉始雊(きじはじめてなく)

 寄稿者:橋本繁美

小寒 末侯

雉がはじめて鳴くころ。といっても、日本で雉が盛んに鳴きはじめるのは3、4月ごろ。古くから狩猟の対象とされてきた雉。「雉も鳴かずば撃たれまい」といわれるように、大きな声で「ケーン、ケーン」鳴く。また雄は求愛するとき、全身の力を振り絞るように「ケーン」と鳴いて「ホロロ」とあの美しい羽根を打ち鳴らすといわれる。つっけんどんな態度を「けんもほろろ」いうのはここからきている。(新暦では、1月15日~1月19日ごろ)

2022年01月14日 | Posted in 旧暦のある暮らし, 寄稿記事-ことばの遊園地-橋本繁美 | | Comments Closed 

関連記事