日本の七十二候 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

旧暦のある暮らし寄稿記事-ことばの遊園地-

 寄稿者:橋本繁美

立夏 初候

田植えの準備が始まり、野原や田んぼで蛙が鳴き始める頃。鼃は蛙のこと。冬眠から覚めて、春を喜んでいるかのように大合唱の蛙たち。ちなみに蛙の語源は、なんと「帰る」とある。蛙は必ず元のところに帰ってくる習性があるからといわれている。「無事帰る」「お金が返る」など、縁起をかついで蛙。初夏の兆しが見え始める頃。(新暦では、5月5日~9日ごろ)

タイトルとURLをコピーしました