日本の七十二候 寒蟬鳴(ひぐらしなく)

旧暦のある暮らし寄稿記事-ことばの遊園地-

 寄稿者:橋本繁美

立秋 次候

夏の終わりを告げるかのように、寒蟬が鳴くころ。日が暮れてから鳴くところから「ひぐらし」という名がついた。日暮れだけでなく、早朝や曇った日にも鳴くが、明るい日中は鳴かない。「かなかな」と高く澄んだ鳴き声は、過ぎ行く夏を惜しんでいるかのような哀愁が感じられる。(新暦8月13~17日ごろ)

タイトルとURLをコピーしました