寄稿72 京の筍

寄稿者:橋本繁美

京の筍

春になると、京の人が待ちわびるものに筍がある。むかしから京都は竹林が多く、その土壌にも恵まれている。なかでも西山あたりは特産の筍が有名だ。朝堀のみずみずしい筍の鮮度、一年をかけて竹藪の手入れから、土の世話に愛情と手間ひまかけて育てて、美味しい筍が生まれる。

以前、向日市の仕事で竹藪のなかを軽トラックで見せてもらったことがある。それだけ、広いということ。みごとなまでに整備された竹の畑といった感じだった。早朝に独特の長い鍬で掘り起こされる筍は、素人にはできない。土の上に顔を出す前に掘り出すからやわらかくて旨い。個人的には、若竹煮がたまらない。

2022年04月08日 | Posted in 京の旬感, 寄稿記事-ことばの遊園地-橋本繁美 | | Comments Closed 

関連記事