寄稿記事-ことばの遊園地-

京の旬感

寄稿16_1 梅の花。

寄稿者:橋本繁美 東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春を忘るな(春な忘れそ) おなじみのこの歌は、菅原道真が無実の罪を着せられて太宰府へ左遷される前に、だいじにしていた梅の木を前にして詠んだ作品。現代語訳「春風...
寄稿記事-ことばの遊園地-

寄稿16_2 光の春。春はハル -ことばの遊園地-

 寄稿者:橋本繁美 光の春。 2月は「光の春」。昼間の時間は冬至(12月22日)の後、少しずつ長くなってきたが、2月になるとどんなに寒くても、晴れた日の空の明るさに、人は春を感じると、気象予報官の倉嶋厚さんは『風の色・四季の色...
京の旬感

寄稿15 京の冬のたのしさ。

寄稿者:橋本繁美 三条大橋 寒い日ほど、しゃんと背をのばして、三条の大橋を渡る。比叡の山から吹きおろした川風は、思わず足を早めたいほど冷たいけれど、60歳を過ぎたら、このきびしさが好きになった。まあ、寒さとも仲良ういたしまひょ...
旧暦のある暮らし

二十四節気 雨水(うすい) 新暦2月19日頃

 寄稿者:橋本繁美 「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」『暦便覧』より 空から降るものが雪から雨へと変わり、深く降り積もった雪も解けはじめる。その水分で枯れていた土が潤いを取り戻し、草木がよみがえりはじめる頃と...
京の旬感

寄稿14_1 「寒おすなあ。よお、お参りやした」

寄稿者:橋本繁美 一年の始まりに、心密かに願いをかける初詣。本来なら、大晦日から元旦にかけて、京都の神社やお寺では新年を祝う参拝者で賑わうはずだったが、ご存知のとおりコロナ禍で静寂そのものだった。というのもご縁あって、新春早...
寄稿記事-ことばの遊園地-

寄稿14_2 愛のバレンタインデー

 寄稿者:橋本繁美 2月14日は、バレンタインデー。チョコレートの日である。いつの間にか、チョコレートに縁のない年齢になってしまったが、いつの時代もチョコレートやお菓子を贈ってイベントを楽しめばいいのではと思う。バレンタインデーは、...
京の旬感

寄稿13 底冷えの京の冬

寄稿者:橋本繁美 ブルッときたのは、寒さのせいだけかなぁ。こういう時のほうが、むしろ感じやすかったりするって言うものね。JR東海「そうだ 京都、 いこう。」1995東寺(教王護国寺)コピーライター太田恵美さんのコピーより ...
旧暦のある暮らし

二十四節気 立春(りっしゅん) 新暦2月3日頃

 寄稿者:橋本繁美 立春は二十四節気の最初のひとつで、この日から暦の上では春に。寒い冬のトンネルを抜けると、暖かい春がもうすぐそこに…。そんな春の始まりが立春です。とはいえ、二月を如月というように「衣を更に着重ねる」の如く、...
京の旬感

寄稿12 新年は、愛宕詣りから。

寄稿者:橋本繁美 前回は奄美大島の金作原原生林を紹介したので、今回は京都の愛宕山を紹介したい。というのは、今から十年ほど前までは、枡儀さんところの新年会は、愛宕山に登って、火伏せ・防火に霊験あらたかな愛宕神社にお詣りし、帰り...
奄美探訪記と大島紬

寄稿11 奄美探訪記と大島紬 8 別天地、金作原原生林

寄稿者:橋本繁美 名瀬の繁華街から車で30分も走っただろうか。今回は、奄美の別天地に連れて行ってもらえるということで楽しみだ。車は海とは反対の山の中に入っていく。奄美の山には見慣れた松や杉などは見当たらない。そこには、天然の...
タイトルとURLをコピーしました