寄稿記事-ことばの遊園地-

枡儀のいろは

寄稿28 Hello Interview ! ~上田瞳さん~

寄稿者:橋本繁美 「気づき」がすべての出発点。 日本も、業種を問わず女性が第一線で活躍する企業が増えてきた。ここ、枡儀さんも、いきいきと働く女性スタッフが社内を明るく元気にしているように感じる。そこで、kimono facto...
京の旬感

寄稿27 田中一村展 奄美へとつづく道

寄稿者:橋本繁美 田中一村の絵が京都にやって来た。奄美でしか逢えないと思っていただけに、とてもうれしい。京都駅とつながる伊勢丹7階にある美術館「えき」KYOTO。鹿児島県奄美大島で独自の画風を追求した日本画家・田中一村の画業を振り返...
旧暦のある暮らし

二十四節気 小満(しょうまん) 新暦5月21日頃

 寄稿者:橋本繁美 小満とは、いのちがしだいに満ちていく頃のこと。陽気がよくなり、草木などの生物が次第に成長して生い茂る時期という意味です。初夏の陽ざしを浴びて麦の穂が育ち、梅の実がなり、西日本では走り梅雨がみられ、農家では...
奄美探訪記と大島紬

寄稿26_1 朗報・祝世界自然遺産に登録へ

寄稿者:橋本繁美 5月5日、奄美地方と沖縄地方が「梅雨入りしたとみられる」と気象庁が発表した。長雨の季節の到来。ニュースによると、奄美地方は平年より7日はやく、昨年より12日はやい梅雨入りらしい。夏が似合う南の国ははやいな。...
京の旬感

寄稿26_2 京都駅ビルで「京のくらし展・春」

寄稿者:橋本繁美 JR京都駅の2階にある展示スペースをご存知でしょうか。インフォメーションのお姉さんがいる向かい側です。なかなか電車の時間が気になり、2階の改札口を利用していても、気づかず素通りされているかもしれません。その場所で『...
旧暦のある暮らし

二十四節気 立夏(りっか) 新暦5月5日頃

 寄稿者:橋本繁美 立夏とは、しだいに夏めいてくる、ちょうど大型連休(ゴールデンウィーク)の頃。暦の上では夏のはじまり。この日から立秋の前日までが夏季。夏といっても本格的な夏はまだ先。さわやかな風、気持ちいい五月晴れの季節で...
京の旬感

寄稿25 夏も近づく八十八夜・端午の節句「大将さん」

寄稿者:橋本繁美 夏も近づく八十八夜 京の宇治は、茶どころとして名高く、京都・建仁寺の開祖である栄西がわが国の茶祖とされています。♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘みじゃないか あかねだすきに菅の...
京の旬感

寄稿24 壬生大念佛狂言・京たけのこ

寄稿者:橋本繁美 壬生大念佛狂言炮烙割に登場する炮烙 壬生大念佛狂言(壬生寺 4月29日~5月5日) ガンデンデンと響く鉦と太鼓の音。ことばを発しないパフォーマンスとして、わが国でも珍しい狂言です。仏教パントマイムでたの...
京の旬感

寄稿23 やすらい祭・おぼろ月

寄稿者:橋本繁美 やすらい祭(今宮神社) 京都の三大奇祭のひとつで、鎮花祭とも呼ばれ、今宮神社の摂社、疫神社の祭礼である。平安時代、花が散る頃に疫病が流行り、これを疫神の祟りと信じ、花の精を鎮め、無病息災を祈願したのが...
旧暦のある暮らし

二十四節気 穀雨(こくう) 新暦4月20日頃

 寄稿者:橋本繁美 穀雨は字のごとく、春の雨はたくさんの穀物を潤す恵みの雨。それだけにこの時期には、穀物を育む雨を「瑞雨(ずいう)」、草木をうるおす雨を「甘雨(かんう)」と呼ぶ。また、春の長雨のことを「春霖(しゅんりん)」。...
タイトルとURLをコピーしました